埼玉・栃木・群馬ブロック

2016年度
ブロック長

朝妻 正人
メットライフ生命分会

研修

2016年11月11日(金)埼玉・栃木・群馬ブロック 夏の研修会
ブロックテーマ:『使命感』

対象

MDRT日本会会員

開催要項

日時: 2016年11月11日(金)
OPEN 12:30~ START 13:00~
会場: 大宮サンパレス
大宮駅東口 徒歩3分
住 所: 埼玉県さいたま市大宮区仲町1−123
TEL: 048−642−1122
会費: MDRT会員:無料
懇親会:7,000円
定員: 先着110名まで
締切: 2016年10月21日(金)

第一部 講演

「MDRTでありつづける理由」

長田 和泉 会員

(プルデンシャル生命分会/2016年度 一般社団法人 MDRT日本会 会長)

プロフィール

2016年度 一般社団法人 MDRT 日本会 会長。埼玉県在住。
所属ブロックは埼玉・栃木・群馬ブロック。2009年度に埼玉・栃木・群馬ブロックのブロック長を務めてから、本年度、会長に至るまで日本会の要職を歴任。

2001年、前職の商社からプルデンシャル生命保険株式会社へ転職。

2003年度にMDRT初登録し、以後連続14回登録の成績資格終身会員。(COT2回)
会員登録当初よりブロック活動、そして日本会の運営と永きに亘りMDRTと関り続けている長田会員。

今年度の日本会テーマに込めた長田会員の想い。何故MDRTに拘り続けているのか?何故会員で居続けなければならないのか?
MDRT日本会会長として、また、一人の保険セールスパーソンとしての想いを地元である埼玉の地で熱く語って頂きます。

第二部 講演

「あなたも一緒に『真』を極めませんか?~当日はよろしくお願いします。押忍。~」

鉄尾 猛司 氏

(株式会社A・B・U・K・U 代表取締役)

コーディネーター:久保田 美弘 会員

プロフィール

伝説の生命保険セールス、埼玉に来る!(現役ですが・・・・)

1991年アリコジャパン(現 メットライフ生命保険株式会社)入社。
入社当初は保険セールスが芳しくない状況が続くが、当時優績者だった先輩の鞄持ちを約1年間続け、富裕層・法人への保険セールスを学ぶ。そして、入社6年目よりMDRT会員となる。その後目覚しい活躍を続け、アリコ時代を知る現メットライフ分会の会員には今も多くの「鉄尾ファン」がいるそうです。MDRT日本会ではボランティア委員長をされた経験もあります。

2005年、コンサルティングセールスを目指すべく、アリコジャパンを退社し、乗合代理店へ移籍。2015年には、「相続・事業承継に資する生命保険営業」へのより一層の実現に向け、自ら新たに株式会社A・B・U・K・Uを設立し、法人・富裕層マーケットに特化した生命保険営業を実践中。

今回は鉄尾氏が何を想い、どういったことを実践しているのか?鉄尾流「保険道」について熱く語っていただきます。

第三部 講演

「困難に立ち向かい、幼き命を救い続ける男からのメッセージ」

吉岡 秀人 氏

(小児外科医/特定非営利活動法人 ジャパンハート 代表)

プロフィール

1995年~1997年にミャンマーにて医療活動に従事。一旦帰国するも2003年に再びミャンマーに 入る。

まともな医療設備もない中、生と死に向き合い続け、多くの命を救うのみならず、助けることの出来ない患者に対しても真摯に治療する等、医師としてのミッションを全うすべく奮闘してきた。

最近はミャンマーのみならず、カンボジア・ラオス等にも活動地を拡げ年間2,000件以上の手術を行い幼い命を救い続け、その数は1万人を越える。

「ミッションとは何か? プロフェッショナルと何か? 生きるとはどういうことか?」

数多くの困難を克服しながら、一人でも多くの命を救うために魂を燃やし続ける熱き男のメッセージは、聞く者の心 を揺さぶらずにはいられない。

スケジュール

13:00 開 会
13:15 メンバーシップ委員会
13:30 第一部講演 長田 和泉 会員
「MDRTでありつづける理由」
14:20 休 憩
14:35 第二部講演 鉄尾 猛司 氏
「あなたも一緒に『真』を極めませんか?
~当日はよろしくお願いします。押忍。~」
15:55 休 憩
16:15 第三部講演 吉岡 秀人 氏
「困難に立ち向かい、幼き命を救い続ける男からのメッセージ」
17:45 閉 会
18:15 懇親会

研修会案内文書、参加申込書のPDFファィル閲覧およびダウンロードはこちら

本研修会に関する詳細は、以下ご案内・参加申込書のPDFファイルをご覧ください。

ボランティア

2016年度 一般社団法人MDRT日本会 
埼玉・栃木・群馬ブロックからボランティア活動のご案内

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
メンバーの皆様におかれましては、日頃ブロック活動にご理解ご協力頂きまして誠に有難うございます。
さてMDRTの理念の一つに社会貢献があります。当ブロックとして社会貢献できるボランティア活動を検討した結果、下記の通り埼玉県・川越市で催されるリレー・フォー・ライフ・ジャパンの活動に参加・支援することに致しました。皆様の積極的なご参加をお願い申し上げます。

開催要項

日時: 2016年9月17日(土)12:00 ~ 18日(日)12:00
場所: 「川越水上公園 芝生広場」
埼玉県川越市大字池辺880 芝生広場内

※MDRT日本会 埼玉・栃木・群馬ブロック夏の研修会(8月19日)にて詳細案内を致します。

【リレー・フォー・ライフとは】

がん患者さんやそのご家族を支援し、地域全体でがんと向き合い、がん征圧を目指します。
1年を通じて取組むチャリティ活動です。1985年、一人の医師がトラックを24時間走り続け、アメリカ対がん協会への寄付を募りました。 「がん患者は24時間、がんと向き合っている」という想いを共有し支援するためでした。ともに歩き、語らうことで生きる勇気と希望を生み出したいというこの活動を代表するイベントは、2015年は世界25カ国、約6000ヵ所で開催され、年間寄付は470億円にのぼります。 2016年、日本では50ヶ所以上に広がります。

ボランティア参加案内のPDFファィル閲覧およびダウンロードはこちら

詳細は、以下ご案内のPDFファイルをご覧ください。